全国唯一のブロック経済紙 愛知・岐阜・三重・静岡の経済情報

中部経済新聞 購読者向け中経企業年鑑データサービス申し込み・ご利用はこちら

購読・試読のご案内

変わる街並み動き出した駅前再開発 (23) JR穂積駅 圏域15万人の拠点化構想始動 住民主体の町づくり推進

再開発構想が動き出した穂積駅
再開発構想が動き出した穂積駅

 濃尾平野の北西、岐阜市と大垣市の間に位置する人口約5万4千人の町、瑞穂市。東海道本線が開通した明治時代、1906年に穂積駅が設置された。駅が設置される前から多くの住民が居住する生活拠点となっていたほか、現在は1日に約1万7500人が乗降す...

残り898文字/全文1018文字

記事をもっと読むには・・・

中部経済新聞 記事閲覧サービスのご案内
メールマガジンはこちら

2017年9月19日の主要記事

全国経済ニュース速報

会社概要メニュー

取材ノート
チカマチラウンジ

出版物のご紹介 一覧へ

中経企業年鑑登録

イベント情報一覧へ