全国唯一のブロック経済紙 愛知・岐阜・三重・静岡の経済情報

中部経済新聞 購読者向け中経企業年鑑データサービス申し込みはこちら

購読・試読のご案内

温故知新 わが町の産業遺産 鍋屋上野浄水場 名古屋市 木曽川の清水おいしく 水道水供給して1世紀 旧ポンプ所は文化財に 戦争物語る銃弾の跡も

新庁舎1階にも貴重な設備が展示されている(写真は「ベンチュリーメータ」)
新庁舎1階にも貴重な設備が展示されている(写真は「ベンチュリーメータ」)
 名古屋市の水道水は、豊かな環境に恵まれた清水をたたえる木曽川を水源とし、各家庭に供給している。市内中心部に水を届ける鍋屋上野浄水場は、1914年(大正3年)に創設。以後100年以上にわたり、水道水を供給してきた。中でも旧第一ポンプ所は、建築史上で意義があると評価を受け、同市の水道関連施設では初の市指定有形文化財に指定された。今も壁面に残る銃弾の跡は、第二次世界大戦の傷跡を残している。
残り1207文字/全文1401文字

記事をもっと読むには・・・

中部経済新聞 記事閲覧サービスのご案内
メールマガジンはこちら
名古屋モーターサイクルショー in Aichi Sky Expo

2017年9月2日の主要記事

業種記事一覧

地域記事一覧

会社概要メニュー

チカマチラウンジ

出版物のご紹介 一覧へ

中経企業年鑑登録

イベント情報一覧へ