全国唯一のブロック経済紙 愛知・岐阜・三重・静岡の経済情報

中部経済新聞 購読者向け中経企業年鑑データサービス申し込み・ご利用はこちら

購読・試読のご案内

文学を食べる 矢田津世子 「茶粥の記」 西日本では普遍的な食べ物

イラスト・ハルノ宵子
イラスト・ハルノ宵子

 食を巡る小説の代表的作品に矢田津世子「茶粥(ちゃがゆ)の記」(1941年)がある。良人(おっと)を失った清子が、遺骨を持って郷里の秋田県五城目町へ引きあげる。明日立つという前の朝、清子は久しぶりに茶粥を炊いて、良人の母と味わう。茶粥は良人...

残り861文字/全文981文字

記事をもっと読むには・・・

中部経済新聞 記事閲覧サービスのご案内
メールマガジンはこちら

2017年8月5日の主要記事

業種記事一覧

地域記事一覧

会社概要メニュー

取材ノート

チカマチラウンジ

出版物のご紹介 一覧へ

中経企業年鑑登録

イベント情報一覧へ