全国唯一のブロック経済紙 愛知・岐阜・三重・静岡の経済情報

中部経済新聞 購読者向け中経企業年鑑データサービス申し込み・ご利用はこちら

大丸松坂屋

店舗内店舗やフィンテック 東海の地銀 店舗戦略に知恵絞る

大垣共立銀行が9月に出店する「テラッセ納屋橋支店」(名古屋市中区)
大垣共立銀行が9月に出店する「テラッセ納屋橋支店」(名古屋市中区)
 地域金融機関を取り巻く環境が厳しくなる中、東海3県に本店を置く地方銀行が、新しい店舗戦略に乗り出している。愛知銀行は7月、千秋支店(一宮市)を岩倉支店(岩倉市)に店舗内店舗方式で移転。1店舗で2店舗分のエリアをカバーし、今後の新規出店に向けた人材を捻出する。大垣共立銀行は9月に初のフィンテック(金融とITの融合)店舗を名古屋市中区に出店。「手のひら認証」で運営効率化を図る。コストを抑制しながら営業力をいかに強化するか。限られた資源の中で各行とも知恵を絞っている。(大蔵敦生)
残り629文字/全文869文字

記事をもっと読むには・・・

中部経済新聞 記事閲覧サービスのご案内
メールマガジンはこちら
チカマチラウンジ

2017年6月21日の主要記事

業種記事一覧

地域記事一覧

会社概要メニュー

取材ノート

出版物のご紹介 一覧へ

中経企業年鑑登録

イベント情報一覧へ