全国唯一のブロック経済紙 愛知・岐阜・三重・静岡の経済情報

中部経済新聞 購読者向け中経企業年鑑データサービス申し込み・ご利用はこちら

企業立地特集

7月の国内日当たり1万2千台後半 北米と欧州の生産が弱含み トヨタ、5~7月の生産計画

 トヨタ自動車は向こう3カ月(5月~7月)の車両生産計画を策定した。7月の国内日当たり生産台数は1万2千台後半に設定。年度末商戦の反動減で落ち込む4月の1万2千台を底に、新型車の販売が下支えする見通し。段階的に増産に入る方向だ。トヨタ車体いなべ工場(いなべ市)の火災による減産の影響は約4千台だが、今回の計画にも織り込まなかった。改めて状況を精査し、今後の計画に反映させる方針。海外はガソリン安の影響などで、北米や欧州などの生産がやや弱含みで推移するとみている。
残り478文字/全文709文字

記事をもっと読むには・・・

中部経済新聞 記事閲覧サービスのご案内
メールマガジンはこちら

2017年4月28日の主要記事

全国経済ニュース速報

会社概要メニュー

取材ノート
チカマチラウンジ

出版物のご紹介 一覧へ

中経企業年鑑登録

イベント情報一覧へ