全国唯一のブロック経済紙 愛知・岐阜・三重・静岡の経済情報

中部経済新聞 購読者向け中経企業年鑑データサービス申し込み・ご利用はこちら

購読・試読のご案内

6年目の中部 3・11東日本大震災 (上) 企業のBCP対策 部品供給網を「見える化」 津波も想定、避難訓練強化 新幹線や原発事故防止へ工事着々

南海トラフの巨大地震に備え、防災訓練を実施する企業も多い(中部電力本店の訓練の様子)
南海トラフの巨大地震に備え、防災訓練を実施する企業も多い(中部電力本店の訓練の様子)
 東日本大震災が発生してから11日で6年を迎える。製造業を中心に中部地方の企業活動に大きな影響を与えた。その後、多くの企業がサプライチェーン(部品供給網)の見直しや防災訓練の強化などを通じ、BCP(事業継続計画)対策に注力してきた。南海トラフの巨大地震が想定されるなか、継続的な取り組みが重要になる。中部企業の現状を探った。
残り1370文字/全文1532文字

記事をもっと読むには・・・

中部経済新聞 記事閲覧サービスのご案内
メールマガジンはこちら

2017年3月10日の主要記事

全国経済ニュース速報

会社概要メニュー

取材ノート
チカマチラウンジ

出版物のご紹介 一覧へ

中経企業年鑑登録

イベント情報一覧へ