全国唯一のブロック経済紙 愛知・岐阜・三重・静岡の経済情報

中部経済新聞 購読者向け中経企業年鑑データサービス申し込みはこちら・ご利用はこちら

購読・試読のご案内

オークマ 台湾新工場、年内稼働へ 低価格機の生産能力1.5倍に

低価格機の「ジェノス」シリーズ
低価格機の「ジェノス」シリーズ
 オークマは、台湾に新工場を開設する。投資額は15~20億円の見通しで、台湾で2カ所目の工場となる。2017年中にも稼働させる。現地で低価格のマシニングセンターと旋盤の生産能力を現行比1・5倍に引き上げる。低価格機種の需要が高まる新興国などへの輸出拠点としての機能を充実させる。(山田悠)

本文>
 新工場は台北県鶯歌に建設する。延べ床面積は約1万4千平方メートル。台湾子会社、大同大隈の既存工場から車で約20分の場所に立地する。既存工場では「GENOS(ジェノス)シリーズ」のマシニングセンターと旋盤を生産。月産能力は現在200台。新工場を開設して300台に引き上げる。
 オークマは10年にジェノスシリーズを市場投入した。加工精度などの高性能を維持しながら、機能を絞り込み、価格を従来機種より3割程度抑えたのが特長だ。新興国や先進国の中小企業などの顧客を開拓する戦略モデルと位置付けている。現在、台湾工場から日本や米国、アジアなどに輸出している。
 アジアを中心に低価格機種の需要が高まることが予想されることから、同社は08~09年、既存工場の能力増強に加え、新工場建設を計画した。しかし、現地当局などとの手続きに時間がかかり、計画が思うように前進しなかった。このほど、建築許可が下り、建設にとりかかることになった。
 オークマの花木義麿社長は「アジアで工作機械の需要は今後も増える。ブランド浸透に注力したい」と話している。低価格機種でアジアでのブランド力を高め、日本でつくる高価格機種の受注にもつなげていく考えだ。
残り0文字/全文655文字

記事をもっと読むには・・・

中部経済新聞 記事閲覧サービスのご案内
メールマガジンはこちら
名古屋モーターサイクルショー in Aichi Sky Expo

2017年1月20日の主要記事

業種記事一覧

地域記事一覧

会社概要メニュー

チカマチラウンジ

出版物のご紹介 一覧へ

中経企業年鑑登録

イベント情報一覧へ

2020年4月10日(金)~12日(日)
名古屋モーターサイクルショー in Aichi Sky Expo

Aichi Sky Expo(愛知県国際展示場)
※2019年8月30日開業 愛知県常滑市セントレア5丁目
主催:名古屋モーターサイクルショー実行委員会

今、国内で一番元気な中部エリアで初のモーターサイクルショー開催。最新モデルバイク大試乗会等、エリア観光振興を目的としたツーリング企画等も計画予定

2020年4月18日(土)~19日(日)
第7回 名古屋空港から出かけよう!日本各地の名産・観光巡りフェア

オアシス21 銀河の広場
主催:中部経済新聞社

名古屋の真ん中に、各地の特産品がいっぱい!〜名古屋小牧空港から就航している各県の名産と観光に出会える!!〜

2020年6月27日(土)~28日(日)
名古屋で唯一の山岳関連イベント 第8回 夏山フェスタ

ウインクあいち(愛知県産業労働センター)
主催:夏山フェスタ実行委員会(構成=全国山の日協議会、中部経済新聞社)

2日間にわたり、登山用品メーカーや自治体など約100小間が出展!トークショーや最新登山用品セミナーなども開催。

2020年10月7日(水)
第15回 しんきんビジネスマッチング「ビジネスフェア2020」

ポートメッセなごや(名古屋市国際展示場)第3展示館
名古屋市港区金城ふ頭二丁目2番地
10:00~17:00
主催:ビジネスフェア2020実行委員会

東海地区34信用金庫の取引先が、ポートメッセなごやに自慢の商品、技術、情報、知恵を持ち寄って、展示・PRします。