中央発条、新型ばね試験機導入

更新日:2016年 11月28日 (月)

Twitter Facebook LINE Linkedin
 

中央発条は、自動車用コイルばねの耐久性を検査する新型の試験機を導入した。コイルばねの耐久試験を4本同時に行えるのが特徴。従来機に比べ、部品の検査・評価時間を約8割短縮できる。設備の駆動機構を改良したことで消費電力を半減。省エネ化も実現した。評価時間の短縮で開発スピードを大幅に向上させ、もう一段の競争力の強化につなげる方針だ。

 
 
 

2016年 11月28日の記事一覧

ニュースカレンダー

読み込み中...

過去の記事はこちらのページからご覧ください。

カテゴリー一覧

新聞の記事などについてのお問い合わせは、以下までお電話下さい。
中部経済新聞社 編集部
TEL : 052-561-5212

皆様の生の声をお聞かせ下さい。
記事に対する意見・ニュース提供

 

現在の位置:ホーム > ニュース > 2016年11月 > 28日 > 中央発条、新型ばね試験機導入...