モノづくりの新潮流 中部工作機械メーカーの挑戦(上) IoT技術軸に需要喚起

更新日:2016年 11月18日 (金)

Twitter Facebook LINE Linkedin
 

 2年に1度開かれるアジア最大級の工作機械見本市「JIMTOF(ジムトフ)2016」が17日、東京都内で開幕した。21の国・地域から969社が出展し、IoT(モノのインターネット化)を活用して工場の安定稼働につなげる取り組みや進化した工作機械を紹介している。足元の受注は伸び悩んでいるが、モノづくりの新たな潮流を提案し、需要を喚起しようと各社の鼻息は荒い。中部の工作機械メーカーの取り組みを追った。

 
 
 

2016年 11月18日の記事一覧

ニュースカレンダー

読み込み中...

過去の記事はこちらのページからご覧ください。

カテゴリー一覧

新聞の記事などについてのお問い合わせは、以下までお電話下さい。
中部経済新聞社 編集部
TEL : 052-561-5212

皆様の生の声をお聞かせ下さい。
記事に対する意見・ニュース提供

 

現在の位置:ホーム > ニュース > 2016年11月 > 18日 > モノづくりの新潮流 中部工作機...