フルハシEPO 空き家対策事業を強化 跡地を「農園+駐車場」に転換

更新日:2016年 8月27日 (土)

Twitter Facebook LINE Linkedin
 

 木質燃料チップを製造販売するフルハシEPO(本社名古屋市中区金山、山口直彦社長、電話052・324・9088)は、空き家の管理事業を強化する。駐車場とレンタル農園を組み合わせた珍しい空き家跡地活用の運用をスタートさせた。地主と利用者からの評価が高く、今後、担当者を増員するなどして地主らにPRを強化する。1年後に名古屋市内を中心に100区画の運用を目指す。日本では空き家の増加が深刻な社会問題となっている。同社は運用件数の拡大を図り、問題解消の一助にもしたい考えだ。

 
 

マイ・ウェイ新連載スタート ステーキ・ハンバーグレストラン ブロンコビリー会長 竹内靖公氏

 

2016年 8月27日の記事一覧

ニュースカレンダー

読み込み中...

過去の記事はこちらのページからご覧ください。

カテゴリー一覧

新聞の記事などについてのお問い合わせは、以下までお電話下さい。
中部経済新聞社 編集部
TEL : 052-561-5212

皆様の生の声をお聞かせ下さい。
記事に対する意見・ニュース提供

 

現在の位置:ホーム > ニュース > 2016年8月 > 27日 > フルハシEPO 空き家対策事業...