フジトランスコーポレーションが東南アで物流倉庫稼働

更新日:2016年 8月22日 (月)

Twitter Facebook LINE Linkedin
 

 総合物流業のフジトランスコーポレーション(本社名古屋市港区入船、系井辰夫社長)は、今後の経済発展が見込まれる東南アジアで、物流倉庫事業の拡大に乗り出す。現在、タイとインドネシア、ミャンマーの3カ国で物流倉庫を建設中で、9月から来年1月にかけて順次稼働を始める。自動車メーカーや自動車部品メーカーなど主要得意先である日系企業の現地進出に伴い、拡大する物流需要を取り込む。

 
 

マイ・ウェイ新連載スタート ステーキ・ハンバーグレストラン ブロンコビリー会長 竹内靖公氏

 

2016年 8月22日の記事一覧

ニュースカレンダー

読み込み中...

過去の記事はこちらのページからご覧ください。

カテゴリー一覧

新聞の記事などについてのお問い合わせは、以下までお電話下さい。
中部経済新聞社 編集部
TEL : 052-561-5212

皆様の生の声をお聞かせ下さい。
記事に対する意見・ニュース提供

 

現在の位置:ホーム > ニュース > 2016年8月 > 22日 > フジトランスコーポレーションが...