富士機械製造 工作機械の生産能力3割増 豊田の新工場 18年4月稼働へ

更新日:2016年 8月 2日 (火)

Twitter Facebook LINE Linkedin
 

 富士機械製造の曽我信之社長は1日までに中部経済新聞の取材に応じ、藤岡工場(豊田市)の隣接地で建設する工作機械の新工場について、「IoT(モノのインターネット化)を駆使した最先端の工場を目指す。工作機械事業の生産能力を現状より3割増やしたい」と述べた。藤岡工場と一体的に運営し、効率的な生産体制を構築する。今年秋に着工し、2018年4月の稼働を目指す。

 
 

マイ・ウェイ新連載スタート ステーキ・ハンバーグレストラン ブロンコビリー会長 竹内靖公氏

 

2016年 8月 2日の記事一覧

ニュースカレンダー

読み込み中...

過去の記事はこちらのページからご覧ください。

カテゴリー一覧

新聞の記事などについてのお問い合わせは、以下までお電話下さい。
中部経済新聞社 編集部
TEL : 052-561-5212

皆様の生の声をお聞かせ下さい。
記事に対する意見・ニュース提供

 

現在の位置:ホーム > ニュース > 2016年8月 > 2日 > 富士機械製造 工作機械の生産能...