全国唯一のブロック経済紙 愛知・岐阜・三重・静岡の経済情報

中部経済新聞 購読者向け中経企業年鑑データサービス申し込み・ご利用はこちら

購読・試読のご案内

ココが聞きたい 創立120周年後の戦略は? 大垣共立銀行頭取 土屋嶢氏(つちや・たかし) 来春、基幹システム更新投資額は100億円超

「厳しい時代。物事を見極められる人材が求められている」と話す土屋頭取
「厳しい時代。物事を見極められる人材が求められている」と話す土屋頭取

 大垣共立銀行は今年3月に創立120周年を迎えた。これまで地域とともに歩み、成長を遂げてきた。新しい銀行経営に挑戦し続け、地銀ながらもその名は全国に知れ渡る。しかし、日銀のマイナス金利政策の導入で事業環境は厳しい。総合サービス業を標榜し持続...

残り876文字/全文996文字

記事をもっと読むには・・・

中部経済新聞 記事閲覧サービスのご案内
メールマガジンはこちら

2016年12月15日の主要記事

業種記事一覧

地域記事一覧

会社概要メニュー

取材ノート

チカマチラウンジ

出版物のご紹介 一覧へ

中経企業年鑑登録

イベント情報一覧へ