全国唯一のブロック経済紙 愛知・岐阜・三重・静岡の経済情報

中部経済新聞 購読者向け中経企業年鑑データサービス申し込み・ご利用はこちら

購読・試読のご案内

紳士服地に新ブランド 瀧定名古屋 尾州メーカーと開発

瀧定名古屋が尾州の毛織物メーカーと共同開発した服地
瀧定名古屋が尾州の毛織物メーカーと共同開発した服地
 繊維商社大手の瀧定名古屋(本社名古屋市、瀧昌之社長)は、紳士服用の新しい素材ブランド「尾張匠布(おわりしょうぶ)」を立ち上げた。一宮市を中心とした尾州の毛織物メーカーと共同で服地を開発。2017年秋ごろから同ブランドの紳士服が店頭に並ぶ見込みだ。近年、尾州産毛織物の良さが再認識されつつあり、同社では拡販が期待できると判断した。新ブランドの立ち上げには尾州産地の活性化に貢献するねらいもあり、動向に注目が集まりそうだ。(野村有希)
残り528文字/全文744文字

記事をもっと読むには・・・

中部経済新聞 記事閲覧サービスのご案内
メールマガジンはこちら

2016年11月25日の主要記事

業種記事一覧

地域記事一覧

会社概要メニュー

取材ノート

チカマチラウンジ

出版物のご紹介 一覧へ

中経企業年鑑登録

イベント情報一覧へ