全国唯一のブロック経済紙 愛知・岐阜・三重・静岡の経済情報

中部経済新聞 購読者向け中経企業年鑑データサービス申し込み・ご利用はこちら

購読・試読のご案内

検証東海の地方百貨店 (1) 柳ケ瀬衰退に客足連動 食品拡充、郊外SCに対抗 岐阜高島屋 市街地再開発に望みつなぐ

期間限定ショップ「シーズンスペース」を各所に設けて買い回りや新たな客層を掘り起こしている
期間限定ショップ「シーズンスペース」を各所に設けて買い回りや新たな客層を掘り起こしている
 名鉄岐阜駅から徒歩約15分。縦横に連なる柳ケ瀬商店街のアーケードの中に岐阜高島屋はある。柳ケ瀬はかつて中部有数の繁華街として栄華を極め、名古屋からも客が訪れた。だが、郊外SC(ショッピングセンター)の乱立で客足が分散。周辺に5つあった大型商業施設のうち岐阜高島屋を除く4施設(岐阜近鉄百貨店、長崎屋岐阜店、岐阜センサ、岐阜メルサ)は1999年から10年で姿を消した。
残り1333文字/全文1517文字

記事をもっと読むには・・・

中部経済新聞 記事閲覧サービスのご案内
メールマガジンはこちら

2016年10月25日の主要記事

業種記事一覧

地域記事一覧

会社概要メニュー

取材ノート

チカマチラウンジ

出版物のご紹介 一覧へ

中経企業年鑑登録

イベント情報一覧へ