全国唯一のブロック経済紙 愛知・岐阜・三重・静岡の経済情報

中部経済新聞 購読者向け中経企業年鑑データサービス申し込み・ご利用はこちら

購読・試読のご案内

温故知新 わが町の産業遺産 半田赤レンガ建物 半田市 カブトビール生産 工場が観光資源に 歴史たどり復刻「生」に酔う

「カブトビールをいかにつくり、いかに売ったか」。常設展示場ではカブトビールの歴史を分かりやすく紹介している
「カブトビールをいかにつくり、いかに売ったか」。常設展示場ではカブトビールの歴史を分かりやすく紹介している
 半田市は古くから醸造のまちとして栄えた。市内には運河や蔵など産業遺産がいたるところに残るが、その中でも「半田赤レンガ建物」は別格。明治から戦前まで「カブトビール」と呼ばれたドイツビールが製造されていた。新興企業のカブトビールは、当時としては斬新だった広告宣伝を積極的に活用、東京のエビス、大阪のアサヒなど四大メーカーに果敢に挑んだ。半田赤レンガ建物は、かつての半田の起業家精神を伝える象徴的な存在として、いまも市民から愛されている。
残り827文字/全文1044文字

記事をもっと読むには・・・

中部経済新聞 記事閲覧サービスのご案内
メールマガジンはこちら

2016年6月18日の主要記事

業種記事一覧

地域記事一覧

会社概要メニュー

取材ノート

チカマチラウンジ

出版物のご紹介 一覧へ

中経企業年鑑登録

イベント情報一覧へ