全国唯一のブロック経済紙 愛知・岐阜・三重・静岡の経済情報

中部経済新聞 購読者向け中経企業年鑑データサービス申し込み・ご利用はこちら

企業立地特集

残したものは… サミットの地方開催 (中) 伝えたかった切実な思い 地域固有のテーマ訴え

沖縄サミットの開幕を控え、平和の礎前で演説するクリントン米大統領。右は稲嶺恵一知事=2000年7月21日、沖縄県糸満市
沖縄サミットの開幕を控え、平和の礎前で演説するクリントン米大統領。右は稲嶺恵一知事=2000年7月21日、沖縄県糸満市

 その日の夜に沖縄サミットの開幕を控えた2000年7月21日午前。クリントン米大統領(当時)は沖縄本島南端にある「平和の礎(いしじ)」で演説した。「沖縄戦の傷痕は今も痛んでいる」「米軍による負担削減のため、引き続き努力する」。焼き付けるよう...

残り852文字/全文972文字

記事をもっと読むには・・・

中部経済新聞 記事閲覧サービスのご案内
メールマガジンはこちら

2016年3月30日の主要記事