トヨタ、天津で最新の低燃費エンジンを現地生産

更新日:2015年 12月30日 (水)

Twitter Facebook LINE Linkedin
 

トヨタ自動車は、中国でガソリンエンジンの現地生産を拡大する。2016年秋から、中国のエンジン生産会社「天津一汽豊田発動機(TFTE)」の既存工場で、燃費性能の高い排気量1500ccの新型エンジンを生産する。立ち上げ当初は月5千基程度を想定する。小型車「ヴィオス」に搭載する計画。投資額は10億円前後。中国政府の燃費規制強化の動きに対応するほか、エンジンの現地生産拡大で中国事業の収益基盤を強化する。

 
 

2015年 12月30日の記事一覧

ニュースカレンダー

読み込み中...

過去の記事はこちらのページからご覧ください。

カテゴリー一覧

新聞の記事などについてのお問い合わせは、以下までお電話下さい。
中部経済新聞社 編集部
TEL : 052-561-5212

皆様の生の声をお聞かせ下さい。
記事に対する意見・ニュース提供

 

現在の位置:ホーム > ニュース > 2015年12月 > 30日 > トヨタ、天津で最新の低燃費エン...