FDA名古屋就航5年、今後の動きを探る

更新日:2015年 12月 8日 (火)

 愛知県営名古屋空港(豊山町)に唯一乗り入れる航空会社、フジドリームエアラインズ(FDA、静岡市)。10月末で、名古屋で就航を始めて丸5年が経過した。進出以来、路線・便数を増やし現在、9路線・1日19往復を運航する。FDAは主力拠点の名古屋でさらに路線拡大を目指し、就航先も増便のラブコールを送っている。しかし、県は中部国際空港(常滑市)との競合激化に配慮し、名古屋での路線展開を現状規模にとどめたい意向。今後、FDAと県のせめぎ合いも予想される。名古屋の路線をめぐる動きを探った。

 

中部経済新聞の記事がスマホで読めます

2015年 12月 8日の記事一覧

ニュースカレンダー

読み込み中...

過去の記事はこちらのページからご覧ください。

カテゴリー一覧

新聞の記事などについてのお問い合わせは、以下までお電話下さい。
中部経済新聞社 編集部
TEL : 052-561-5212

皆様の生の声をお聞かせ下さい。
記事に対する意見・ニュース提供

 

現在の位置:ホーム > ニュース > 2015年12月 > 8日 > FDA名古屋就航5年、今後の動...