電車内の忘れ物にご注意 名鉄調べ、スマホ普及で過去最高件数

更新日:2015年 5月18日 (月)

 名古屋鉄道の電車内の落とし物、忘れ物が増えている。名鉄によれば、2014年度の「遺失物件数」は、前年度比8・3%増の19万4684件に上った。全駅の遺失物を一元管理できる情報システムを導入した04年以来、過去最高。遺失物の定番である傘、防寒具に加え、スマートフォン(スマホ)・携帯電話などが増えているためだ。名古屋幹事駅主任の位田厚氏は「落とし物は朝の通勤、通学時間帯に集中しています。余裕を持ってご乗車下さい」と呼びかけている。

 

中部経済新聞の記事がスマホで読めます

2015年 5月18日の記事一覧

ニュースカレンダー

読み込み中...

過去の記事はこちらのページからご覧ください。

カテゴリー一覧

新聞の記事などについてのお問い合わせは、以下までお電話下さい。
中部経済新聞社 編集部
TEL : 052-561-5212

皆様の生の声をお聞かせ下さい。
記事に対する意見・ニュース提供

 

現在の位置:ホーム > ニュース > 2015年5月 > 18日 > 電車内の忘れ物にご注意 名鉄調...