名古屋市内17ホテルの4月客室稼働率は88・4%

更新日:2015年 5月 9日 (土)

 中部経済新聞社がまとめた名古屋市内主要17ホテルの4月の平均客室稼働率は、前年同月比3・5ポイント改善し88・4%と、8カ月連続で前年実績を上回った。2014年4月は消費増税の影響などで一時的に稼働率が下がった。ことしは景気の回復を追い風に、ビジネス、観光ともに需要が活発。春の行楽シーズンを迎えて訪日外国人観光客の増加が目立った。市内では学会が複数開催され、稼働率を押し上げた。

 

中部経済新聞の記事がスマホで読めます

2015年 5月 9日の記事一覧

ニュースカレンダー

読み込み中...

過去の記事はこちらのページからご覧ください。

カテゴリー一覧

新聞の記事などについてのお問い合わせは、以下までお電話下さい。
中部経済新聞社 編集部
TEL : 052-561-5212

皆様の生の声をお聞かせ下さい。
記事に対する意見・ニュース提供

 

現在の位置:ホーム > ニュース > 2015年5月 > 9日 > 名古屋市内17ホテルの4月客室...