決算を読む=大成4~12月期 人件費高騰響き営業減益

更新日:2015年 2月13日 (金)

Twitter Facebook LINE Linkedin
 

 大成が12日発表した2014年4~12月期の連結業績は、売上高が前年同期比4・5%増の143億1500万円、営業利益が35・1%減の1億5300万円だった。純利益は、特別利益に有価証券売却益などを計上し、5・1%増の1億8500万円となった。主力のビルメンテナンス事業で、人件費の高騰や大型案件の受注に伴う人材採用、教育費用などの初期投資が増加。営業、経常利益は減益となった。

 
 

マイ・ウェイ新連載スタート ステーキ・ハンバーグレストラン ブロンコビリー会長 竹内靖公氏

 

2015年 2月13日の記事一覧

ニュースカレンダー

読み込み中...

過去の記事はこちらのページからご覧ください。

カテゴリー一覧

新聞の記事などについてのお問い合わせは、以下までお電話下さい。
中部経済新聞社 編集部
TEL : 052-561-5212

皆様の生の声をお聞かせ下さい。
記事に対する意見・ニュース提供

 

現在の位置:ホーム > ニュース > 2015年2月 > 13日 > 決算を読む=大成4~12月期 ...