トヨタ系8社、全社増収も5社経常増益

更新日:2015年 2月 4日 (水)

Twitter Facebook LINE Linkedin
 

 トヨタ自動車グループの主要8社が3日発表した2014年4~12月期決算は全8社が増収、7社が過去最高を更新した。円安効果に加え、新車市場の需要が堅調な北米や欧州向けの売り上げが伸びた。一方、国内やアジアの市場低迷が響き、デンソーやアイシン精機など5社が経常減益となった。新興国での人件費や原材料費の高騰なども重なった。通期も5社は経常減益を見込んでいる。トヨタ紡織は海外事業の採算悪化で通期で140億円の特別損失を計上し、純損益で赤字に転落すると発表した。円安効果などで売り上げはかさ上げされているが、増税後の国内生産の減少やアジア経済の減速などで、利益成長が頭打ちになっている現状が浮き彫りになった。

 
 
 

2015年 2月 4日の記事一覧

ニュースカレンダー

読み込み中...

過去の記事はこちらのページからご覧ください。

カテゴリー一覧

新聞の記事などについてのお問い合わせは、以下までお電話下さい。
中部経済新聞社 編集部
TEL : 052-561-5212

皆様の生の声をお聞かせ下さい。
記事に対する意見・ニュース提供

 

現在の位置:ホーム > ニュース > 2015年2月 > 4日 > トヨタ系8社、全社増収も5社経...