全国唯一のブロック経済紙 愛知・岐阜・三重・静岡の経済情報

中部経済新聞 購読者向け中経企業年鑑データサービス申し込み・ご利用はこちら

購読・試読のご案内

FDA空路創造に挑む 名古屋進出5年 (1) 名古屋拠点に路線拡大 5年で1日19往復に 持続的成長に課題も

名古屋空港を拠点とするFDA(写真は9号機)
名古屋空港を拠点とするFDA(写真は9号機)
 愛知県営名古屋空港(豊山町)に唯一乗り入れる航空会社、フジドリームエアラインズ(FDA、静岡市)。10月末で、名古屋で就航を始めて丸5年が経過した。進出以来、路線・便数を増やし現在、9路線・1日19往復を運航する。FDAは主力拠点の名古屋でさらに路線拡大を目指し、就航先も増便のラブコールを送っている。しかし、県は中部国際空港(常滑市)との競合激化に配慮し、名古屋での路線展開を現状規模にとどめたい意向。今後、FDAと県のせめぎ合いも予想される。名古屋の路線をめぐる動きを探った。
残り1250文字/全文1491文字

記事をもっと読むには・・・

中部経済新聞 記事閲覧サービスのご案内
メールマガジンはこちら

2015年12月8日の主要記事

業種記事一覧

地域記事一覧

会社概要メニュー

取材ノート

チカマチラウンジ

出版物のご紹介 一覧へ

中経企業年鑑登録

イベント情報一覧へ