全国唯一のブロック経済紙 愛知・岐阜・三重・静岡の経済情報

中部経済新聞 購読者向け中経企業年鑑データサービス申し込み・ご利用はこちら

企業立地特集

ぶらり街角散歩 名古屋市北区尼ヶ坂駅周辺 母子の悲話しのぶ町の坂道 異彩放つ岡本太郎作「歓喜の鐘」

1577年に開基した「普光寺」。本堂横に金色の大仏「北大仏」が鎮座する
1577年に開基した「普光寺」。本堂横に金色の大仏「北大仏」が鎮座する
 名鉄瀬戸線尼ヶ坂駅は、名古屋市北区大杉1丁目にある高架駅。北区の南端で東区との境界に位置する。尼ヶ坂駅は駅集中管理システムが導入された無人駅だが、近隣に名古屋市立工芸高校、金城学院中学校・金城学院高校があり、駅は文教地区の玄関口となっている。駅周辺は名古屋城の東方向にあたり、かつては城下町として発展。現在も古風な木造家屋が残り、地域に落ち着いた雰囲気が感じられる。駅名の由来となった尼ヶ坂とともに、地域で守られてきた社寺・史跡を訪ねた。
残り1311文字/全文1531文字

記事をもっと読むには・・・

中部経済新聞 記事閲覧サービスのご案内
メールマガジンはこちら

2015年8月1日の主要記事

全国経済ニュース速報

会社概要メニュー

誰も知らない!超B級ビジネス
チカマチラウンジ

出版物のご紹介 一覧へ

中経企業年鑑登録

イベント情報一覧へ