全国唯一のブロック経済紙 愛知・岐阜・三重・静岡の経済情報

中部経済新聞 購読者向け中経企業年鑑データサービス申し込み・ご利用はこちら

購読・試読のご案内

旅行取扱高1000億円へ 名鉄観光サービスが中期3ヵ年計画 首都圏増員、台湾に新拠点

女性の活躍推進にも力を入れる
(写真はイメージ)      
女性の活躍推進にも力を入れる (写真はイメージ)      
 名鉄観光サービスは、2017年12月期を最終年度とする中期3カ年計画を策定した。最終年度に売上高に相当する旅行取扱高は1千億円(14年12月期は約900億円)を目標にし、自己資本比率は25%(同約20%)をめざす。需要拡大が見込める首都圏で人員を増やすほか、訪日外国人の受け入れ強化などのため台湾に駐在員事務所を開設する方針だ。アジアの需要を取り込むと同時に、修学旅行やスポーツ大会関連など団体旅行の獲得にも力を入れる。(竹田ゆりこ)
残り570文字/全文788文字

記事をもっと読むには・・・

中部経済新聞 記事閲覧サービスのご案内
メールマガジンはこちら

2015年5月6日の主要記事

業種記事一覧

地域記事一覧

会社概要メニュー

取材ノート

チカマチラウンジ

出版物のご紹介 一覧へ

中経企業年鑑登録

イベント情報一覧へ