全国唯一のブロック経済紙 愛知・岐阜・三重・静岡の経済情報

中部経済新聞 購読者向け中経企業年鑑データサービス申し込み・ご利用はこちら

購読・試読のご案内

ユニーグループHD 店舗総数純増を計画 16年2月期 再浮上に全力

再建を進めるユニー(アピタ稲沢店)
再建を進めるユニー(アピタ稲沢店)
 ユニーグループ・ホールディングスは10日、2016年2月期の出店計画を明らかにした。ユニーは新店3店、建て替え、改修計5店(前期実績は新店2店、建て替え、改修計4店)、サークルKサンクスも新規出店404店(前年実績360店)をそれぞれ計画している。15年2月期はユニー、サークルKサンクスとも店舗総数で純減だったが、今期は両社とも純増とする計画。すでに始まっているファミリーマートとの経営統合協議を優位に進める上でも、店舗数の純増を堅持しユニーグループの競争力の高さをあらためてアピールしたいところだ。
残り1046文字/全文1298文字

記事をもっと読むには・・・

中部経済新聞 記事閲覧サービスのご案内
メールマガジンはこちら

2015年4月11日の主要記事

全国経済ニュース速報

会社概要メニュー

取材ノート
チカマチラウンジ

出版物のご紹介 一覧へ

中経企業年鑑登録

イベント情報一覧へ