全国唯一のブロック経済紙 愛知・岐阜・三重・静岡の経済情報

中部経済新聞 購読者向け中経企業年鑑データサービス申し込み・ご利用はこちら

購読・試読のご案内

ユニーグループ・HD 持ち株会社役割見直し スーパーとコンビニへ 商品開発を移管

インタビューに応じた佐古社長
インタビューに応じた佐古社長
 3月1日付でユニーグループ・ホールディングス(HD)の社長も兼務する、佐古則男・ユニー社長は18日までに、中部経済新聞社のインタビューに応じ「売る人と、作る人を近づけ現場を強くする」と話し、HDの役割を見直すことを明らかにした。2016年2月期からHDの商品開発機能を、ユニーとサークルKサンクスにそれぞれ移管する方針。13年2月の持ち株会社体制移行後初の大掛かりな組織改革となる。サークルKサンクスのてこ入れについて「商品でもサービスでも、何かで1番をとらないといけない」と述べ、セブン―イレブン・ジャパンなどとの差別化を徹底する方針を掲げた。(大蔵敦生、佐々木閑)
残り727文字/全文1012文字

記事をもっと読むには・・・

中部経済新聞 記事閲覧サービスのご案内
メールマガジンはこちら

2015年1月19日の主要記事

業種記事一覧

地域記事一覧

会社概要メニュー

取材ノート

チカマチラウンジ

出版物のご紹介 一覧へ

中経企業年鑑登録

イベント情報一覧へ