三遠機材が「湖西」のCVT部品生産能力を2・3倍へ

更新日:2014年 6月28日 (土)

Twitter Facebook LINE Linkedin
 

 自動車部品を扱う商社の三遠機材(実質本社豊橋市中柴町、早川直宏社長、電話0532・55・6665)は、湖西事業所(湖西市)で自動車用無段変速機(CVT)の主要構成部品の生産能力を増強する。2016年初頭までに5億円を追加投資し、生産能力を現在の2・3倍に増やす。日系完成車メーカーの軽自動車向けの需要増加に対応する。主力の自動車部品の商社事業に加え製造事業を強化し、収益性の向上を狙う。

 
 

2014年 6月28日の記事一覧

ニュースカレンダー

読み込み中...

過去の記事はこちらのページからご覧ください。

カテゴリー一覧

新聞の記事などについてのお問い合わせは、以下までお電話下さい。
中部経済新聞社 編集部
TEL : 052-561-5212

皆様の生の声をお聞かせ下さい。
記事に対する意見・ニュース提供

 

現在の位置:ホーム > ニュース > 2014年6月 > 28日 > 三遠機材が「湖西」のCVT部品...