オハラ樹脂工業が「ベトナム」生産倍増へ

更新日:2014年 6月23日 (月)

Twitter Facebook LINE Linkedin
 

 自動車向け樹脂成形部品メーカーのオハラ樹脂工業(本社名古屋市南区、尾原慶則社長、電話052・692・2115)は、ベトナム工場(ハノイ市)の生産能力を増やす。1億5千万円程度を投資し、2017年までに生産能力を倍増させる。同工場はベトナム国内に加え、日本や欧州、中国、東南アジアなど世界各地に製品を輸出している。日系自動車部品メーカーがメキシコや東南アジアで生産拡大していることから追加投資に踏み切る。

 
 
 

2014年 6月23日の記事一覧

ニュースカレンダー

読み込み中...

過去の記事はこちらのページからご覧ください。

カテゴリー一覧

新聞の記事などについてのお問い合わせは、以下までお電話下さい。
中部経済新聞社 編集部
TEL : 052-561-5212

皆様の生の声をお聞かせ下さい。
記事に対する意見・ニュース提供

 

現在の位置:ホーム > ニュース > 2014年6月 > 23日 > オハラ樹脂工業が「ベトナム」生...