三菱自動車名古屋製作所が新世代化を推進、能力1割増コスト3割減へ

更新日:2014年 6月17日 (火)

Twitter Facebook LINE Linkedin
 

 三菱自動車工業は16日、生産能力増強や合理化を目的とした「新世代化工事」を進める、名古屋製作所岡崎工場(岡崎市)を報道関係者に公開した。組み立てラインの改良や無人搬送機(AGV)の導入により、生産能力を1割増の年23万台に引き上げ、生産コスト30%減を目指す。2015年5月に完成予定。海外工場での応用も視野に入れ、生産性向上に取り組む。

 
 

2014年 6月17日の記事一覧

ニュースカレンダー

読み込み中...

過去の記事はこちらのページからご覧ください。

カテゴリー一覧

新聞の記事などについてのお問い合わせは、以下までお電話下さい。
中部経済新聞社 編集部
TEL : 052-561-5212

皆様の生の声をお聞かせ下さい。
記事に対する意見・ニュース提供

 

現在の位置:ホーム > ニュース > 2014年6月 > 17日 > 三菱自動車名古屋製作所が新世代...