ノリタケがリチウムイオン電池材料を量産する回転炉開発

更新日:2014年 6月 3日 (火)

Twitter Facebook LINE Linkedin
 

 ノリタケカンパニーリミテドは、リチウムイオン電池などに使われる高純度な機能性材料を量産するロータリーキルン(回転炉)を開発した。1時間あたりの処理量は材料によって異なるが30~70キログラム。従来型(数キログラム)の10倍以上という。ハイブリッド車(HV)やスマートフォン(スマホ)への搭載が進むリチウムイオン電池の需要増に対応するねらい。5月から受注を開始。初年度5億円の売り上げをめざす。

 
 

2014年 6月 3日の記事一覧

ニュースカレンダー

読み込み中...

過去の記事はこちらのページからご覧ください。

カテゴリー一覧

新聞の記事などについてのお問い合わせは、以下までお電話下さい。
中部経済新聞社 編集部
TEL : 052-561-5212

皆様の生の声をお聞かせ下さい。
記事に対する意見・ニュース提供

 

現在の位置:ホーム > ニュース > 2014年6月 > 3日 > ノリタケがリチウムイオン電池材...