フューチャーイン 水道業務受託を強化 契約数20団体めざす

更新日:2014年 2月19日 (水)

Twitter Facebook LINE Linkedin
 

 ソフトウエア開発などを手掛けるフューチャーイン(本社名古屋市千種区、石井吉美社長)は、水道の検針作業など水道事業の業務受託に力を入れている。自治体や公営企業など全国16団体と水道業務の受託契約を結んでいるが、早期に20団体まで引き上げたい考え。水道事業は人口減少などで全国の中小自治体の重荷になっている。業務受託を通して自治体の水道事業の効率化を支援する。

 
 

2014年 2月19日の記事一覧

ニュースカレンダー

読み込み中...

過去の記事はこちらのページからご覧ください。

カテゴリー一覧

新聞の記事などについてのお問い合わせは、以下までお電話下さい。
中部経済新聞社 編集部
TEL : 052-561-5212

皆様の生の声をお聞かせ下さい。
記事に対する意見・ニュース提供

 

現在の位置:ホーム > ニュース > 2014年2月 > 19日 > フューチャーイン 水道業務受託...