全国唯一のブロック経済紙 愛知・岐阜・三重・静岡の経済情報

中部経済新聞 購読者向け中経企業年鑑データサービス申し込み・ご利用はこちら

企業立地特集

自動車ディーラー 福祉車両の販売強化 専門コーナーやスタッフ教育 需要取り込みへ知恵

福祉車両を11台そろえた日産プリンス名古屋の中村亀島店(名古屋市中村区)
福祉車両を11台そろえた日産プリンス名古屋の中村亀島店(名古屋市中村区)
 自動車ディーラーが福祉車両の販売態勢を強化している。さまざまな福祉車両を一堂にそろえた専門コーナーをつくったり、高齢者や障害者に関する知識を備えたスタッフの教育にも力を入れている。福祉車両は身体障害者や高齢者などの運転や乗車に対応した車両。車いす用のスロープ付きのタイプや座席が回転、昇降するタイプなどがある。日本自動車工業会によると、2013年度の福祉車両の販売台数は4万4189台。10年度から4年連続で増加している。新車販売台数に占める構成比は1%未満にとどまっているが、右肩上がりで伸びる数少ない市場だ。高齢化が進展するなか、ディーラー各社は拡大する需要を着実に取り込む考えだ。(加納由希絵)
残り716文字/全文1017文字

記事をもっと読むには・・・

中部経済新聞 記事閲覧サービスのご案内
メールマガジンはこちら

2014年11月11日の主要記事

全国経済ニュース速報

会社概要メニュー

取材ノート
チカマチラウンジ

出版物のご紹介 一覧へ

中経企業年鑑登録

イベント情報一覧へ