全国唯一のブロック経済紙 愛知・岐阜・三重・静岡の経済情報

中部経済新聞 購読者向け中経企業年鑑データサービス申し込み・ご利用はこちら

購読・試読のご案内

注目決算 ヤマナカ9月中間 営業利益2・6倍と大幅増 既存店売上高 リーマン以来のプラス

決算を発表する中野社長
決算を発表する中野社長
 ヤマナカが27日発表した2014年4~9月期連結業績は、売上高に相当する営業収益が前年同期比2・3%増の504億4700万円、営業利益が2・6倍の2億7800万円だった。営業収益は6期ぶりの増収、営業利益は2期ぶりの増益。生鮮食品の強化を軸にした既存店のてこ入れ策が奏功し、既存店売上高がリーマン・ショック前の07年4~9月期以降初めてプラスに転じたほか、商品粗利益率も大幅に改善した。中野義久社長は「今までの施策が、ようやくかみ合ってきた。当社としての右肩上がりの業績になってきた」と自信を示した。
残り486文字/全文737文字

記事をもっと読むには・・・

中部経済新聞 記事閲覧サービスのご案内
メールマガジンはこちら
冬山フェスタ 初心者歓迎!冬山登山入門イベント!

2014年10月28日の主要記事

業種記事一覧

地域記事一覧

会社概要メニュー

採用情報
SG第23回チャレンジカップ GⅡ第7回レディースチャレンジカップ

出版物のご紹介 一覧へ

中経企業年鑑登録

イベント情報一覧へ