全国唯一のブロック経済紙 愛知・岐阜・三重・静岡の経済情報

中部経済新聞 購読者向け中経企業年鑑データサービス申し込み・ご利用はこちら

購読・試読のご案内

起業家魂 中部からの挑戦 新規事業に挑む (12) 大光 水産品事業を第3の柱に 世界各地で食材開発 収益50億円体制築く

日本の品質管理手法で「安心・安全・おいしい」水産品を提供する(生むきアサリ)
日本の品質管理手法で「安心・安全・おいしい」水産品を提供する(生むきアサリ)

 食品卸売り、小売りの大光は、外食産業向けを中心にした外商事業と、業務用スーパー「アミカ」事業に次ぐ、第三の柱として水産品事業を強化している。
 同社は畜産、水産、野菜(冷凍)の主力3品の中で、これまで水産品分野が弱かった。そこ...

残り828文字/全文948文字

記事をもっと読むには・・・

中部経済新聞 記事閲覧サービスのご案内
メールマガジンはこちら

2014年3月24日の主要記事

全国経済ニュース速報

会社概要メニュー

取材ノート
チカマチラウンジ

出版物のご紹介 一覧へ

中経企業年鑑登録

イベント情報一覧へ