三友工業が極超低騒音モデルの小型非常用自家発電装置を開発

更新日:2013年 4月16日 (火)

 ゴム射出成形機・自動化機械メーカーの三友工業(本社小牧市舟津1360、野畑年弘社長、電話0568・72・3161)は、小型非常用自家発電装置「CutePower(キュートパワー)」を拡販する。業界トップクラスの極超低騒音50デシベルを実現した最新機種「SEGS1100SP―K」を開発、今月から市場投入を開始した。防災関連需要を開拓し、年間100台の販売をめざす。

 
 

2013年 4月16日の記事一覧

ニュースカレンダー

読み込み中...

過去の記事はこちらのページからご覧ください。

カテゴリー一覧

新聞の記事などについてのお問い合わせは、以下までお電話下さい。
中部経済新聞社 編集部
TEL : 052-561-5212

皆様の生の声をお聞かせ下さい。
記事に対する意見・ニュース提供

 

現在の位置:ホーム > ニュース > 2013年4月 > 16日 > 三友工業が極超低騒音モデルの小...