ナカネワークスが新用途発案で空気入り緩衝材拡販へ

更新日:2013年 3月 7日 (木)

Twitter Facebook LINE Linkedin
 

 自動車内装部品の製造・加工を手掛ける、ナカネワークス(本社豊田市陣中町2の17の3、中根謙二社長、電話0565・32・3911)は、空気入り緩衝材「AIRBAG」を拡販する。台湾メーカーと日本国内の販売代理店契約を結び、商品の普及に取り組んでいる。緩衝材を非常時の就寝用マットに活用することを発案するなど、積極的に用途の拡大も図る。将来はAIRBAGを収益の2本目の柱に据える考え。

 
 

2013年 3月 7日の記事一覧

ニュースカレンダー

読み込み中...

過去の記事はこちらのページからご覧ください。

カテゴリー一覧

新聞の記事などについてのお問い合わせは、以下までお電話下さい。
中部経済新聞社 編集部
TEL : 052-561-5212

皆様の生の声をお聞かせ下さい。
記事に対する意見・ニュース提供

 

現在の位置:ホーム > ニュース > 2013年3月 > 7日 > ナカネワークスが新用途発案で空...