中部ガスが静岡・浜松間天然ガスパイプラインの整圧基地の防災設計を高度化

更新日:2013年 2月22日 (金)

Twitter Facebook LINE Linkedin
 

 中部ガス(神野吾郎社長)は、静岡と浜松を結ぶ天然ガスパイプライン「静浜幹線」の完成に合わせて建設する整圧基地「ガバナステーション」の設計を見直した。南海トラフ巨大地震による津波被害想定などを考慮し、より堅固な建物に変更する。津波対策を強化し、被災時にも安定的な供給体制を維持する。

 
 
 

2013年 2月22日の記事一覧

ニュースカレンダー

読み込み中...

過去の記事はこちらのページからご覧ください。

カテゴリー一覧

新聞の記事などについてのお問い合わせは、以下までお電話下さい。
中部経済新聞社 編集部
TEL : 052-561-5212

皆様の生の声をお聞かせ下さい。
記事に対する意見・ニュース提供

 

現在の位置:ホーム > ニュース > 2013年2月 > 22日 > 中部ガスが静岡・浜松間天然ガス...