東海染工がインドネシアに供給網、現地企業へ技術指導

更新日:2013年 1月23日 (水)

 東海染工(八代芳明社長)は進出しているインドネシアで、織物や染色、縫製のサプライチェーンの構築を加速する。今月から日本の織物業者をインドネシアに派遣し、現地企業へ技術指導を始めた。さらに現地大手縫製会社との合弁で、協力工場の縫製ラインの拡大も視野に入れる。人口増を追い風に市場が拡大するインドネシアで今年末にもサプライチェーンの構築を完了。2014年3月期のインドネシア子会社の売上高を今期見込み比3割増の3800万ドル(日本円換算で約34億円)に引き上げる。

 
 

2013年 1月23日の記事一覧

ニュースカレンダー

読み込み中...

過去の記事はこちらのページからご覧ください。

カテゴリー一覧

新聞の記事などについてのお問い合わせは、以下までお電話下さい。
中部経済新聞社 編集部
TEL : 052-561-5212

皆様の生の声をお聞かせ下さい。
記事に対する意見・ニュース提供

 

現在の位置:ホーム > ニュース > 2013年1月 > 23日 > 東海染工がインドネシアに供給網...