タケダ歯車工業が産業ロボ向けに参入

更新日:2012年 10月19日 (金)

Twitter Facebook LINE Linkedin
 

 タケダ歯車工業(本社名古屋市中川区、武田充弘社長)は産業用ロボット向け分野に参入する。2014年5月期に高精度の歯車を生産する設備を導入する。投資額は4千万円。月産能力を足元の1・5倍に引き上げる。産業用ロボットは工場の自動化が進む中国や東南アジアなど海外需要が拡大する見通し。主力の工作機械メーカー向けに次ぐ、新たな収益の柱に育てる。

 
 

2012年 10月19日の記事一覧

ニュースカレンダー

読み込み中...

過去の記事はこちらのページからご覧ください。

カテゴリー一覧

新聞の記事などについてのお問い合わせは、以下までお電話下さい。
中部経済新聞社 編集部
TEL : 052-561-5212

皆様の生の声をお聞かせ下さい。
記事に対する意見・ニュース提供

 

現在の位置:ホーム > ニュース > 2012年10月 > 19日 > タケダ歯車工業が産業ロボ向けに...