サンドビックコロマントカンパニーが冷却液用切削工具に専用刃開発

更新日:2012年 10月 9日 (火)

Twitter Facebook LINE Linkedin
 

 超硬切削工具メーカーのサンドビックコロマントカンパニー(本社名古屋市名東区、藤井裕幸社長)は、自社製高圧クーラント(冷却液)用切削工具先端に取り付けるチップ状の専用刃を開発し、市場投入した。高圧クーラントの流れを解析した特殊な表面形状が特長。チップ寿命は、従来品より5割以上改善。高効率の冷却効果で、長時間の連続加工が可能。加工時間は3割程度の改善を見込む。自動車や航空機業界を中心に幅広く拡販する。

 
 

2012年 10月 9日の記事一覧

ニュースカレンダー

読み込み中...

過去の記事はこちらのページからご覧ください。

カテゴリー一覧

新聞の記事などについてのお問い合わせは、以下までお電話下さい。
中部経済新聞社 編集部
TEL : 052-561-5212

皆様の生の声をお聞かせ下さい。
記事に対する意見・ニュース提供

 

現在の位置:ホーム > ニュース > 2012年10月 > 9日 > サンドビックコロマントカンパニ...