じぶん銀の人民元預金、愛知と中国深い「縁」、口座数が高いシェア

更新日:2012年 8月11日 (土)

Twitter Facebook LINE Linkedin
 

 三菱東京UFJ銀行とKDDIが共同出資して設立したモバイル端末中心のネット銀行、じぶん銀行(本社東京都)が取り扱っている邦銀初の個人向け中国人民元預金で、愛知県の口座数が高いシェアを確保している。じぶん銀の全国の普通預金口座数(3月末現在)のうち愛知県のシェアは8・8%だが、中国人民元預金に限ってみると愛知県のシェアは10・0%。製造業が集積する愛知県は生産拠点の開設などでビジネス上中国と関係が深く、中国人民元に対する関心が高いことが背景にあるようだ。

 
 
 

2012年 8月11日の記事一覧

ニュースカレンダー

読み込み中...

過去の記事はこちらのページからご覧ください。

カテゴリー一覧

新聞の記事などについてのお問い合わせは、以下までお電話下さい。
中部経済新聞社 編集部
TEL : 052-561-5212

皆様の生の声をお聞かせ下さい。
記事に対する意見・ニュース提供

 

現在の位置:ホーム > ニュース > 2012年8月 > 11日 > じぶん銀の人民元預金、愛知と中...