木曽川商工会が特産タマネギと尾州織物活用の「快適環境製品」開発

更新日:2012年 8月 1日 (水)

Twitter Facebook LINE Linkedin
 

 木曽川商工会(五藤政尋会長)は、地元特産品のタマネギと尾州織物を活用した、「快適環境製品」の開発に乗り出した。2つの特産品の長所を活かし、衣食住の領域をカバーする統一コンセプトの新ブランド製品を生み出すのが目的。本年度は専門家や地元研究機関などと連携し、商品化に向けた調査を実施。13年度からの3カ年計画で取り組んでいく。

 
 

2012年 8月 1日の記事一覧

ニュースカレンダー

読み込み中...

過去の記事はこちらのページからご覧ください。

カテゴリー一覧

新聞の記事などについてのお問い合わせは、以下までお電話下さい。
中部経済新聞社 編集部
TEL : 052-561-5212

皆様の生の声をお聞かせ下さい。
記事に対する意見・ニュース提供

 

現在の位置:ホーム > ニュース > 2012年8月 > 1日 > 木曽川商工会が特産タマネギと尾...