加藤電気炉材製造が揮発性有機化合物の分解処理へ小型・低コスト装置発売

更新日:2012年 7月26日 (木)

 耐火炉材やクリーン焼却装置の製造販売を手掛ける加藤電気炉材製造(本社土岐市妻木町2504の1、加藤義一社長、電話0572・57・6234)は、小型、低コストの省エネ型高効率VOC(揮発性有機化合物)分解処理装置の販売を開始した。炭化ケイ素ハニカムと金属触媒フィルターを組み合わせた方式で、VOCガスを95%以上分解する。印刷、塗装工場など有機溶剤を使用する事業所に対し、作業環境の改善用に提案していく。

 
 

2012年 7月26日の記事一覧

ニュースカレンダー

読み込み中...

過去の記事はこちらのページからご覧ください。

カテゴリー一覧

新聞の記事などについてのお問い合わせは、以下までお電話下さい。
中部経済新聞社 編集部
TEL : 052-561-5212

皆様の生の声をお聞かせ下さい。
記事に対する意見・ニュース提供

 

現在の位置:ホーム > ニュース > 2012年7月 > 26日 > 加藤電気炉材製造が揮発性有機化...