東陽倉庫が独自の「貨物追跡」を本格展開

更新日:2012年 6月23日 (土)

 東陽倉庫(白石好孝社長)は、荷主が国内外にある貨物の位置情報などをリアルタイムで把握できる「貨物追跡情報照会サービス」を近く本格的に開始する。製造業のグローバル化により、サプライチェーン(供給網)も海外に拡大している。貨物の流れを見える化することで、荷主は在庫の最適化などにつなげることができる。東陽倉庫は新サービスの導入を既存荷主への顧客満足度向上に加え、新規開拓につなげたい考え。

 
 

2012年 6月23日の記事一覧

ニュースカレンダー

読み込み中...

過去の記事はこちらのページからご覧ください。

カテゴリー一覧

新聞の記事などについてのお問い合わせは、以下までお電話下さい。
中部経済新聞社 編集部
TEL : 052-561-5212

皆様の生の声をお聞かせ下さい。
記事に対する意見・ニュース提供

 

現在の位置:ホーム > ニュース > 2012年6月 > 23日 > 東陽倉庫が独自の「貨物追跡」を...