カナレ電気が中国生産品を直接輸出

更新日:2012年 4月 4日 (水)

 通信用ケーブル製造販売のカナレ電気(尾羽瀬正夫社長)は、円高対策で物流改善に乗り出す。海外で生産した製品を第3国に輸出する形態に順次移行する。現在、海外で生産した製品はいったん国内に輸入。最終検査を経て、海外に輸出している。年内にも、主力の中国工場(上海市)周辺で、倉庫を賃借。中国から諸外国に輸出する態勢を整える。円高による為替の影響を軽減し物流コストを削減。為替に影響されにくい収益基盤を確立する。

 
 

2012年 4月 4日の記事一覧

ニュースカレンダー

読み込み中...

過去の記事はこちらのページからご覧ください。

カテゴリー一覧

新聞の記事などについてのお問い合わせは、以下までお電話下さい。
中部経済新聞社 編集部
TEL : 052-561-5212

皆様の生の声をお聞かせ下さい。
記事に対する意見・ニュース提供

 

現在の位置:ホーム > ニュース > 2012年4月 > 4日 > カナレ電気が中国生産品を直接輸...