「東日本大震災から1年 中部企業 教訓を生かす」部品調達経路、見える化

更新日:2012年 3月 9日 (金)

Twitter Facebook LINE Linkedin
 

 東日本大震災から間もなく1年を迎える。中部地区の屋台骨である自動車産業は震災直後、サプライチェーン(部品供給網)が寸断し、国内外で生産中止や生産調整に追い込まれた。未曾有の災害は調達網の抜本的な見直しを余儀なくされた。商社や物流倉庫業には拠点分散というリスクヘッジを促す。一方、防災という新たな切り口の事業展開を、多岐に渡る業界に投げかけた。大震災から何を学び、どう生かしたか。中部地区の各業界を追った。

 
 
 

2012年 3月 9日の記事一覧

ニュースカレンダー

読み込み中...

過去の記事はこちらのページからご覧ください。

カテゴリー一覧

新聞の記事などについてのお問い合わせは、以下までお電話下さい。
中部経済新聞社 編集部
TEL : 052-561-5212

皆様の生の声をお聞かせ下さい。
記事に対する意見・ニュース提供

 

現在の位置:ホーム > ニュース > 2012年3月 > 9日 > 「東日本大震災から1年 中部企...