オスカーフーズが外食で中東進出

更新日:2011年 9月23日 (金)

Twitter Facebook LINE Linkedin
 

 食品の製造販売などを手掛けるオスカーフーズ(本社名古屋市西区堀越町3、鈴木信輝社長)は、中東・サウジアラビアの首都リヤドに日本料理店を出店する。店舗の建設費用はサウジアラビアの現地企業が全額出資し、店舗設計と企画を同社が担当。店舗運営は同社とサウジアラビアの現地企業が共同出資して設立する合弁会社が担う。早ければ来年度にも店舗建設に入る。

 
 
 

2011年 9月23日の記事一覧

ニュースカレンダー

読み込み中...

過去の記事はこちらのページからご覧ください。

カテゴリー一覧

新聞の記事などについてのお問い合わせは、以下までお電話下さい。
中部経済新聞社 編集部
TEL : 052-561-5212

皆様の生の声をお聞かせ下さい。
記事に対する意見・ニュース提供

 

現在の位置:ホーム > ニュース > 2011年9月 > 23日 > オスカーフーズが外食で中東進出...