きものの店あつみが瀬戸の粘土で染めもの制作

更新日:2011年 9月19日 (月)

Twitter Facebook LINE Linkedin
 

 瀬戸の老舗呉服店、きものの店あつみ(本店瀬戸市品野町6の27、渥美元勝代表社員、電話0561・42・0529)は、瀬戸の粘土を使ったオリジナルの粘土染め・せともんお召しを制作し、販売を始めた。着物の分野ではこれまで瀬戸を代表するブランドが無かったため、渥美氏が品野地区で産出する粘土を使って、経糸の下染めに挑戦し、独特の温かみのある織物に仕上げた。「陶磁器産地・瀬戸の新たな名産品として認知度を高めたい」(渥美代表社員)と意欲を燃やしている。

 
 
 

2011年 9月19日の記事一覧

ニュースカレンダー

読み込み中...

過去の記事はこちらのページからご覧ください。

カテゴリー一覧

新聞の記事などについてのお問い合わせは、以下までお電話下さい。
中部経済新聞社 編集部
TEL : 052-561-5212

皆様の生の声をお聞かせ下さい。
記事に対する意見・ニュース提供

 

現在の位置:ホーム > ニュース > 2011年9月 > 19日 > きものの店あつみが瀬戸の粘土で...